安藤昌益資料館館長・三浦忠司『八戸藩「遠山家日記」の時代』出版を祝う会、開催しました

投稿者: | 2012年9月29日

miura-party_20110928安藤昌益資料館館長・三浦忠司『八戸藩「遠山家日記」の時代』出版を祝う会、開催しました

2012.9.28 八戸プラザホテル・アーバンホールにて、安藤昌益資料館を育てる会の主催で開催しました。

約130名の方々にご参会いただき、大変盛況でした。

お祝いの言葉や乾杯で、ご挨拶いただいた、奈良岡修一様(八戸市副市長)、斎藤潔様(八戸歴史研究会会員)、菊池勇夫様(宮城学院女子大学教授)、大変ありがとうございました。

三浦館長の功績や、『八戸藩「遠山家日記」の時代』の特徴など、大変分かりやすくご紹介いただきました。

それから、急なお願いにもかかわらず、以下の皆様にも、三浦館長との思い出などをお話しいただきました。

中川原俊雄様(プラザホテル社長)、工藤成子様(初代八戸歴史研究会会長・故工藤欣一氏の奥様)、永嶺信孝様(八戸歴史研究会会員、東京より)、大岡長治様(八戸観光コンベンション協会専務理事)、榎本善光様(八戸圏域水道企業団副企業長)、中野渡一耕様(青森県職員)

酒井久男様(九戸歴史民俗の会会長)には、締めのお言葉を頂戴しました。

みなさま、重ねてお礼を申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。